ZIPPO ジッポー ハンディウォーマー

ZIPPO ジッポー ハンディウォーマーを買った。

冬のキャンプ用に前から欲しいと思っていたZIPPOのハンディウォーマーを購入。iQOSに変えてからすっかりライターを持たなくなってしまった。



適量のオイルを入れてバーナーを炙るだけで暖かくなるのだが、この炙り時間が結構難しい。結構炙ったと思ってもついてない時もあったりと中々感覚が難しい。オイルを入れて炙ってカバーが曇るか見て、また炙ってみたいな作業が必要になるので、ぱっと使えるわけではないが、その作業も含めて楽しめる一品である。

昨年末にキャンプに行った時に初めて使用したが、パンツのお腹の部分に挟むとかなりあったかい。寝袋の中に放り込んだがそれも割と暖かかった。あとやはり長時間持つというのが魅力である。

その後携帯用オイルキーホルダーが安くなっていたので買ってみた。こちらは若干微妙だった。なんかオイルがチョロっと漏れているような気もするし、キーホルダーもすぐ外れてしまった。外装にも傷が…これはもしかして個体が悪かったのか…もう少し様子を見てみよう。


広告

MÜHLE TRADITIONAL クラシックレイザー

MÜHLE TRADITIONAL クラシックレイザーを買った。

去年夏頃仕事で理髪店のオーナー向けセミナーの手伝いをしたのだが、最近はBARBERスタイルというのが流行っているらしい。昔ながらの理髪店ではなく現代風にアレンジされたとてもおしゃれな感じだった。



その時に講師の方がひげ剃りについて語っているのを見て興味を持ったのだが、年明けちょうどジレットの五枚刃のカートリッジが切れたので、思い切って運用コスパの高い昔ながらの両刃カミソリに切り替えしてみた。

両刃カミソリは一枚100円以下でジレットのカートリッジのコストと比べると安い。さらにうまくやればきれいに深剃りできるということで、ミューレのクラシックレイザーを購入。

実物はステンレスで高級感があり、ずっしりと手に馴染む重さ。ドイツ製の質実剛健な感じがかっこいい。刃はフェザーのハイステンレスを購入。アフターシェイブローションはとりあえずドラッグストアに売っているルシードのやつを買ったが、いろいろと種類があるみたいなので、他のものも買ってみたい。

とりあえず記念すべき第一回は若干血まみれに…慣れるまでもうちょいかかりそうである。


広告

SCOTHCH GRAIN スコッチグレイン メンテナンス

明日から仕事が始まるので靴を磨く。

昨年11月の特別セールの時に修理に出したオデッサがやっと帰ってきた。予定では1月25日だったが約一ヶ月ほど早く修理が完了。このオデッサを買ったのがちょうど2017年の年明けだったので3年目に突入。まだまだ履けそうである。



中敷きも交換されており、かかとソールも新品に。

ハイシャインコートという鏡面磨きが簡単にできるポリッシュを使ってみたいなと思っているのだが、下地用のクリームや専用の油膜落としも買わないとダメぽいので、いまいち二の足を踏んでいる。今使っているポリッシュがなくなったら検討するか。

同じタイミングで買ったシャインオアレインⅣはゴムソールのせいか減りが少ないので、今年の後半まではなんとか持ちそう。しかし雨の日専用で履いているせいか革がだいぶへたっているような気がする。

他にも年末に買ったスエード靴用のブラシと防水スプレーを使って休日用のスエード靴をメンテナンス。


広告

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 in 大阪

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 in 大阪へ行ってきた。

昨年東京の方には行ったのだが、もう一回行きたいなぁと思っていたらいつの間にか終了してしまった。というわけで年明け関西に帰ったので、K氏と一緒と大阪港は海遊館横の大阪文化会館・天保山へ。



最寄りのローソンでK氏にチケットを発券してもらい、大阪湾の風が吹き荒れる中、大阪文化会館まで歩く。1/3というのに中々の人の量。チケット発券から入場まで待ち時間が1時間くらいあった。今回は荒木氏の解説が聴ける音声ガイドを注文。東京では頼まなかったのを後悔したので、今回は550円を払う。

東京会場は承太郎がビジュアルイメージだったが、大阪会場はディオがビジュアルイメージを飾る。ポスターはめちゃくちゃいいのだが、このビジュアルが印刷してあるTシャツを見るとかなり微妙だったのが残念。

原画郡は相変わらず圧倒的な迫力。カラー原画はほんまため息であるほど美しいし力強い。ちょうど年末年始に五部とスティールボールランを読み返していたが、やっぱり五部の絵柄が一番好きである。

大阪会場は残念ながら東京のように写真撮影できる大型ポスターはなく展示量も少なめ。やはりそのあたりは仕方ないのか。まぁ大型原画「裏切り者は常にいる」をまた見るために来たようなものなので他はあまり気にしない。大型原画は本当に迫力があり、年明けから力を貰える一日であった。

物販は直接手にとってレジに行ける大阪会場の方が良かったかと思う。


広告

iPhone X バッテリー交換

11月末iPhone Xのバッテリー交換を行った。

ちょうどiPhone X購入から約一年。バッテリーの減りが結構早くなってきた。バッテリーの状態を確認すると最大容量86%…同じ日に買った嫁のiPhone Xはまだ95%。



いくらなんでも劣化スピード早すぎちゃうんかい…3GS以来2年おきにiPhoneを買い替えているが、最近の端末代の高騰もあり、iPhone Xはもしかすると2年以上使うかもしれない…と考える中でさすがに1年で86%まで落ちるのはきつい。

今年中にバッテリー交換が3,200円(税抜き)というのは知っていたので、バッテリー交換を申し込んでみた。

交換には持ち込みと送付して修理の2択がある。当然代替機も用意できないので持ち込み修理で検討。大体2時間くらいで修理できる。

この持ち込み修理がまた大変で、基本的に夜申し込みサイトをみても一切空きがない。ネットで調べると朝が狙い目ということで、土曜日AM10時申し込みサイトに張り付く。ちらほらと空きが表示されるが一瞬で埋まっていく。

結局一回次の日の池袋を申し込んだのだが、届いた確認メールを確認して、変なとこを触っていたのか、キャンセルされてしまっていた。愕然としながらもう一度申し込みサイトを開くがもう空きはなかった。そして次の日また10時からサイトに張り付くと、翌週のアップルストア銀座の予約がとれた。やっぱり朝確認するのが正解。

当日行ってみるとさすがはザギンのアップルストア。おそらく予約なしの持ち込みであろう40人くらい?の長蛇の列…自分は申込みに成功していたので、すぐ案内された。それでも説明を受けるまでに20分くらい待ったが、手続き事態は割とサクッと終わった。

横にいるおっさんがAppleIDを忘れてしまったのか、ずっと頭抱えて悩んでいた。店員さんも呆れていたが何も言えず。ID忘れるとか信じられないが、こういうの多いのかなと思う。修理に来てAppleID忘れましたとか、何しにきたんと言う感じだが、やはり客先の年配の人や自分の親なんかも同じような感じやろなぁと思う。

店員の言う通り2時間で交換を済ませてApplePayで支払いをサクッとすませて帰路につく。とりあえず年越し前になんとかできてよかった。