ナルコス:メキシコ編 シーズン2 (Narcos:Mexico Season2)

ナルコス:メキシコ編 シーズン2を見た。

最近仕事が地獄すぎて時間ないのにロスト・イン・スペースのシーズン2も見終わらないうちに怒涛の新作ラッシュ。まだベター・コール・ソウル、オルタード・カーボン、オザークへようこそが2〜3月に控えているため、消化していかないと…



さて、今回のナルコスも相変わらずおもろいしクオリティ高すぎる。登場人物入り乱れまくって中々大変やが…

ナルコスはNetflix日本上陸とともに見始めた作品で思い入れが強い。海外ドラマを初めて見始めたのがナルコスで、クオリティの高さに脱帽したのを今でも覚えている。

シーズン1で拷問の末殺されてしまったキキ・カマレナの敵を討つため集まったDEAの面々。主人公とストーリーテラーはスクート・マクネイリーが演じるウォルト・ブレスリン。無印版のマーフィとペーニャ、そして前シーズンのキキとはまた違うタイプの主人公。闇抱えてるザ・復讐者という感じで喋り方も気だるいしタバコ吸うのもだるそうな疲れているような渋さ。目が死んでるのがいい意味で雰囲気だしてる。

一方もう一人の主人公ディエゴ・ルナ演じるミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド も相変わらず上から下から突き上げられて精神ズタボロの中間管理職状態が続く。なんとか盤面をひっくり返すも、最後の最後ではかつての仲間に裏切られて終了。結局身内を裏切るとあかんねんなぁ。実社会でも一緒ですね。

今回はカリ・カルテルのパチョ、警備部長のホルヘも登場しちょいテンション上がる。このパチョさんにいじめられまくるフェリクス。大企業にいじめられる下請けの会社の社長という感じで泣けてくる。ほんま胃が痛くなるわ。

結局シーズン1でキキの上司だったハイメの元にウォルトが派遣される形で終了。ロス・セタスを生んだガルフ・カルテルのフアン・ゲラも今回大きく関わってきたので、いよいよ次シーズンで血みどろのメキシコ麻薬戦争の幕開けか…ここに無印版主人公のペーニャが帰ってきてくれたらええねんけどなぁ。

Giri / Haji (義理/恥)

Giri / Haji (義理/恥)をみた。

窪塚洋介もとうとうネットフリックスに…主人公の平岳大は全然知らなかったが、めっちゃええ俳優やん…本木雅弘も極道役似合っててよかった。日英を舞台にBCCとNetflixが共同制作したヤクザモノということでどんな仕上がりかと思ったけど中々おもろかった。ロスト・イン・スペースシーズン2を後回しにしてざっと一気観。



あらすじは刑事の主人公森健三(平岳大)がイギリスで暗躍しているヤクザの弟の勇人(窪塚洋介)を捜索しにいく。勇人を巡って日本とイギリスでヤクザとマフィアのどんぱちが始まり色んな人間が巻き込まれていくというもの。

シーンも英語、日本語入り混じり。イギリスではセーラ(ケリー・マクドナルド)という刑事が色々協力してくれたりするが、どんどん森兄弟に巻き込まれていく。ケリー・マクドナルドてトレスポのダイアン役やったんか…

健三と娘の多岐の掛け合いは軽いボケが混じっていたり、日本では健三の母親と嫁の掛け合いが毒づいていたりと合間合間で笑えるシーンがまじりつつ、ヤクザモノの割には家族とはというテーマを問いかけているような作品。

しかしラスト投げっぱなしなのはちょっと…シーズン2やりそうな感じでもないしどうなったかわかるような配慮が欲しかったかなぁ。

エクストレイルでAmazon Fire TVを活用してみた

2018年にAmazon Fire TVを買って以来、我が家でのテレビ視聴スタイルが大きく変わった。

今までは地上波しか見ていなかったが、Fire TV導入後、テレビ視聴時間の3分の2位はYouTubeかNetflix、Amazon Prime Videoに当てられるようになった。おそらくここ数年で買った1万以下のガジェットの中でダントツに高い活用比率であると言っても間違いない。



それほどFire TVヘビーユーザーの我が家だったが、昨年秋に購入したエクストレイルで出かけることが多くなった。特に年末年始は車で帰省したため、行きも帰りも12時間位かかった。

エクストレイルには日産純正のクッソ高いカーナビが積んであるので、ワンセグでテレビが見えるのだが、正月のテレビはいまいちおもしろくない。あとトンネルに入ると電波を受信しないため、頻繁に止まってストレスだった。

そこで嫁と話し合いカーナビにFire TVをつなげられないかと調べてみた。

まずカーナビにHDMI接続できるようにする。嫁の弟がやってくれたので、どういう作業だったのかよくわからないが、とりあえずHDMIケーブルが接続できるようになったので、接続して、同じくカーナビにつながっているUSBケーブルからFire TVを給電すると…

給電はカーナビのUSBケーブルから取ってみた。

無事Fire TV起動し、表示した。

ちなみにこのFire TVは4K対応だが、カーナビのディスプレイの解像度がフルHDなので恩恵を受けない。Fire Stickの一番安いやつに切り替えても問題ないかも…

肝心のインターネット回線はどうするかというと、iPhoneのテザリングである。ソフトバンクのギガモンスターを契約しており、毎月通信容量は余っている状態なのである程度なら全然問題ない。

とりあえずカーナビにHDMI挿せる状態であればFire TVを稼働できることがわかったこれで長期のドライブも飽きずにできそうである。リモコンで操作できる点も良い。

結局Amazonで年末年始のセールがあったのでFire Stick 4Kを購入。Fire Stick 4Kはリモコンが音量変更可になっているため、リビングのFire TVと差し替えることした。Fire Stick 4KとFire TVだがリビングで使う分には正直あまり差はないように感じる。


広告

Xiaomi Mi Smart Band 4で睡眠トラッキングしてみた

年が明けてしまったが、昨年12/27にMi Band 4が届いた。

2018年の4月頃にApple Watch Series3を買ってからほぼほぼ毎日装着してきたが、12月頭位にMi Band4日本発売の記事が出始めて、物欲を刺激されいつの間にか予約していた。自分へのクリスマスプレゼントと言い聞かせていたが年末仕事がバタバタしていたため27日にようやくゲットしてこの年末年始いじってみた。



端末はXiaomiのアプリから設定するのだがめちゃくちゃ簡単に設定できる。自分の場合はiPhoneXだが、アプリ側でアカウントさえ作っておけば手間取ることはなかった。

何故Mi Bandに惹かれたかというと、Apple Watchとは違いアクティビティトラッカーとしての機能が高そうだったから。あと4,000円前後と値段が安い。

特に嫁や友人からも無呼吸症候群ちゃうんか、と言われるくらいいびきと呼吸の停止がひどいらしく(自身は自覚がない)睡眠の質が悪いので睡眠トラッキングをしたいなと思っていた。

Apple Watchでもやれないことはないが、いかんせん睡眠トラッキングをやるには充電の問題がある。Apple Watchは2日に一回は充電しないと持たない。この点Mi Bandの充電持ちは驚異的。レビュー通り電池も持ちがすごい。軽いのもあってかずっとつけていても苦にならない。

自動心拍数検出と睡眠アシスタントのオン、ディスプレイの明るさをMaxにして9日ずっとつけっぱなしにしても50%しか電池が減っていないので15日位は無充電でいけそう。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠トラッキングのデータは上記のように表示され、入眠時間と起床時間は体感とあまり差がなかったように思うのでそこそこの精度がありそうである。あと浅い睡眠が多かった日はちゃんと寝れた気がしなかったので、そのあたりも当たってそうかなと思う。

地味に良いのが目覚まし機能。時間になるとバイブが結構な強さで震えるので、携帯の音を鳴らして起きるよりもビクッとせずに起きれる。

Mi Bandを買ってからというものApple Watchを全然つけなくなってしまったくらいにはあたりのデバイスである。しばらく使い込んで睡眠データを溜め込んでいきたいと思う。


広告

ウインド・リバー (Wind River)

ウインド・リバー (Wind River)をみた。

これはAmazonプライム・ビデオとネットフリックス両方とも来ていた。雪山サスペンスということで割と好みな感じ。ジェレミー・レナーが主人公の猛獣ハンターコリーを演じる。ジェレミー・レナーといえばアベンジャーズのホークアイかな。アベンジャーズあんまり知らんけど…



クソ田舎に派遣されたくせにめちゃ頑張るFBI捜査官ジェーンはエリザベス・オルセン。美人やけどどっかでみたことある顔やな…と思っていたらギャレゴジの主人公の嫁さんか…最初はめんどくさい展開になるかとおもいきや思いやりのある有能な捜査官。そして事件のキーマンとなるマット役にはジョン・バーンサル。

ジョン・バーンサルてほんま悪そうな見た目のおかげで今回も悪役かと思いきや…

ストーリーはワイオミング州ウインドリバー保留地。ネイティブ・アメリカンの女性が雪に埋もれているところから始まる。主人公のハンター、コリーとFBIから派遣されたジェーンがバディを組んで犯人を追い詰めていく的な話。最近ドラマや長尺映画ばかりみていたせいか107分でめちゃくちゃきれいにまとまって未だに残るネイティブ・アメリカンの闇を描いていたということで、やっぱ良い映画てこういうもんやなぁと思い出した。

決して派手ではないが、雄大な雪山を背景にしっかり組み立てられたプロットといい良作。


広告