2019年 益子 秋の陶器市

2019年 益子 秋の陶器市へ。

今年の春、初めて行ったのだが非常に良かったので秋も足を運んでみた。車で行くかバスで行くか散々悩んだが結局バスで。どうも駐車場が7時位から埋まり始めるらしく、流石にしんどいので車で行くのは諦めた。



都内からだと秋葉原から「関東焼き物ライナー」が出ているので一本で現地まで行ける。ただしこの陶器市開催中は予約ができないため、バス停に並ぶ必要あり。8:20にバス停に行くとすでに30人位並んでいた。ただ増便していたので問題なく乗車できた。サービスエリアで一回休憩を挟んで現地についたのは11:20位。大体三時間位である。

陶器市は町全体が会場になっており、かなり広い。一日で回り切れないくらい。バスは会場端の道祖土と真ん中の陶芸メッセ、そして益子駅の3つで降車できる。一通り会場をざっと見るには道祖土で降りて益子駅方面に向かって歩くのが一番とのこと。道祖土にはよしざわ窯という有名な工房があり、前回むちゃくちゃ並んだが、今回はパスして真ん中の陶芸メッセで降車。

去年購入して非常に良かったどんぶり(辻紀子氏)を嫁が割ってしまったので再度リピート。ついでに小皿も購入。かなり気に入っている。あと茶色の8角形のお皿(伊藤叔潔氏)を買ったのだが、これがまた非常に良い。さわり心地、軽さ、色味、しっとりしていて最高。頼まれていた魚用の平皿(板橋伸一郎氏)も購入。

他にも目についた良さそうなものを購入して会場を後にした。

ちなみに帰りのバスは一時間位前に並んだ。益子駅発だが席を空けて出発してくれるので、陶芸メッセバス停からでも乗車可能。次回は車でいくかな…

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出- (The Laundromat)

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出- (The Laundromat)をみた。

久々のゲーリー・オールドマン。そしてアントニオ・バンデラス。パナマ文書流出をいくつかの実例をもとにコミカルに描く感じ。いわゆる視聴者に語りかけてくる系の映画。



実際に文書流出した「モサック・フォンテカ」の二人をゲーリー・オールドマンとアントニオ・バンデラスが演じる。しかしゲーリー・オールドマン老けたなぁ。おじいちゃんや…まぁ還暦超えてるし当たり前か…

結局こういうビリオネアたちが世界のマネーを動かしているおり、我々庶民にはなんとも世界線が違うということを見せつけられる映画。

映画の中でビリオネアは2,000人…ミリオネアは1,500万人…と言っていたがパナマ文書流出は2016年なのでより格差広がってるやろなぁ。お金欲しい。

最後の終わり方はちょっとおもしろい。

アークテリクス ベータSL メンテナンス

アークテリクス ベータSLをメンテナンスした。

アークテリクス ベータSLを購入したのは2016年4月。3年半位ちゃんとメンテナンスしていなかった。購入からずっと普通の洗濯機で普通の衣料用洗剤で洗濯をしていた。



そんな感じで適当なメンテをしていたが、運良く登山でもキャンプでも雨に打たれることがなかった。しかしそんなベータSLのゴアテックス撥水力の低下が露見したのが7月に尾瀬に行ったとき。雨に打たれてもまったく弾かず雨が染み込みまくりひどい目にあった。これは登る山によっては命に関わるということで、ニクワックスを購入して一回メンテナンスしていた。

そのあと京都音博のナンバーガールの時、また大雨に打たれた。メンテナンスの効果が発揮できるか、と思っていたが残念ながら上記のメンテナンスの効果は微妙だった。撥水剤の漬け込みが足りなかったのだろうか。これはいかんということで、再度メンテナンスを実施。

まずはテックウォッシュ(緑色)で手洗い。シャワーの温度で丁寧に手で揉み洗いする。10分ほどほったらかしてすすぐ。

次にTX.ダイレクトWASH-IN(青色)をすりきり一杯バケツに投入して漬け込み。45分位漬け込んだあとすすいで乾燥機へ投入。

一時間乾燥機を回して完了。なんかしっとりしている気がする。

再メンテでどうなるかどこかで検証したい。


広告

ダーク シーズン1 (DARK Season1)

ダーク シーズン1をみた。

エルカミーノも終わったしそろそろベター・コール・ソウルこんかなぁと思いつつ、次何見るか迷っていたところ、とりあえず前情報何も見ずにダークを視聴開始。ネットフリックスはいろんな国でオリジナルを作成しており、今回はドイツ。



ドイツ版ストレンジャー・シングスとか言われているらしいが、確かに導入部はそれっぽい。不穏なシンセに街全体を巻き込む謎。しかしアメリカ的な明るさとかはまったくなくとりあえず…暗い。雨のシーンも多いし原発村やし、森、洞窟、閉鎖的な小さい町、不倫、浮気、自殺と中々の闇。オープニングはマインドハンターみたいな映像。

ストーリーも3話位まで中々動かないので見るのやめようかと思うが、3話からガっとストーリーが動く。そこからは怒涛の構成で難解すぎるストーリーに。この脚本を書いてさらに映像化したというのがすごい。いい意味で頭がイカれていると思う。脱落する視聴者も多いやろこれ…

3世代に渡って時代が錯綜する上、登場人物が多いのでどの時代の誰がどういう役割なのかという把握がかなり大変。見るだけで神経使いまくる。しかしキャスティングが絶妙で、子供時代、青年時代、じじい世代それぞれめちゃくちゃ雰囲気が似ている子役、俳優を起用しているので割と違和感なく見れる。ついでにドイツ系ということもあって登場人物美男美女が多すぎる。やっぱ顔の作りが違うなぁ。

一般受けは絶対しないと思うが、間違いなくおもろい。ただ絶対シーズンが開くとストリーがわからなくなるパターンなので、ちょうどシーズン2が公開されていてよかった。

ogawa グロッケ8+システムタープ連結&エクストレイル@大洗キャンプ場

キャンプへ。

この夏は鹿児島に長期滞在したり週末は天気悪かったりなんやかんやで時間が取れなかったが久々のキャンプへ。随分前に購入していたグロッケ8と連結できるogawaのシステムタープをようやく初張りしてみた。



台風19号のせいでお気に入りの巾着田の形状が変わってテント張るところが狭くなったり岩が上がってきているとのことだったので、悩んだ挙げ句、茨城県の大洗キャンプ場に突撃。ここは予約なしでいけるので決め手となった。近いし。予約ありだと正直きつい。土日だと予約が取れなかったり、キャンセルもできないので割と自由に行ける巾着田が早く復活してくれるとありがたい。

さらに今回は先日納車されたエクストレイルで出撃。家庭内抗争の末、紆余曲折あったが新車で購入。プロパイロット付きの4WD パールホワイト。実家が昔エクストレイルだったのだが、昔の形のほうが好み。だが乗っているとこの丸みのあるフォルムも良くなってきた。あとなんと言ってもプロパイロットがすごい。高速の運転楽過ぎて他の車乗れなくなりそう。久々にでかい車だが、乗りやすくて最高。

肝心のキャンプ場は思ったよりもコンパクトだが林間サイトで風もなくトイレも綺麗。この日はあまり人がいなかったので自由にテントを張れた。レビューにあった通り割と住宅街ど真ん中にある。カラスが結構いるので食べ物には気をつけないといけない。巾着田に慣れすぎたので金額がちょい高いなと思ったが、まぁこの規格ならこれくらいするわなぁ。

早速設営。このシステムタープはグロッケの入り口に直接連結できる。折りたたむとコンパクトで大きさも扱いやすいサイズ。しかし残念ながらポールがついていない。そのため、ポールはコールマンのヘキサライト2のポールをそのまま使用した。ポールの長さは220mmだが全く問題ない。色もグロッケの色にあっているのでOK。

今まで入り口のセンターにロープを張っていたのが無くなったおかげで、出入りがかなりしやすい。また見た目もかなり美しいので最高である。これはグロッケ持ってる人は絶対買うべきやなぁ。

昼飯を食ったあとはアクアワールド茨城県大洗水族館へ。大洗キャンプ場から車で10分位のところである。暇つぶしに…と思ったがこれが結構大人も楽しめるボリュームのある水族館だった。

いつも通りメスティンで米炊いて肉焼いて終了。そういえばスノーピークのオゼンライトも初使用。これは登山で使いたい。


広告